忘れない!3.11

2022.1.12

12月中旬、親戚の法事で宮城県南三陸を訪れました。ここは10年前の東北大震災にて津波の被害を被った所です。

震災後NPO法人地球の木のメンバーと何度か炊き出しボランティアとして気仙沼を訪れ、帰り道に通っていた所です。

月日はたちましたが、あの時の惨状はいまだに目に焼き付いています。10年たち、まだまだ元にはもどりませんが、少しずつ町は復興してきています。復興道路も全線開通し、仙台から青森県八戸へつながりました。

あまり時間がなかったのですが、少し写真を撮りました。

海沿いには堤防が作られ、平地からは海が見えなくなりました。まだ重機が働いています。

 

お寺は高台にあるのですが、ここにも津波が押し寄せ、壁に水位が描かれています。

3月11日、最後まで避難を呼びかけた遠藤未希さんの実家は、建て替えられ、

「未希の家」としてボランティアの集まりの場となっています。

 

 

海沿いにある「さんさん商店街」

夕方のためひとけがなくなっていますが、日中は地元の方や観光客などの買い物の場

となっています。

 

 

いつもおいしい魚料理を食べさせてくれる民宿「下道荘」。

ここも津波にあい、少し高台に新築しました。(宮)

【公式サイト】民宿 下道荘(したみちそう) (sitamiti.jp)